空気の通り道を作ること

この記事をシェアする

できるだけ間隔を開けて干す

たくさんの洗濯物があると、隣同士の間隔が狭くなってしまいます。
しかしその状態で歯湿気が溜まるので、効率の悪い干し方と言えます。
洗濯物同士の間隔を開けて干しましょう。
すると空気の通り道ができるので、湿気が溜まりません。
早く洗濯物が乾きます。
洗濯物が多い時は、干す場所を分けるのが良い方法です。

無理に1か所で干さないで、ベランダとリビングなど干せる場所を探しましょう。
早く乾かしたいなら、空気の通り道を意識してください。
また狭い場所で干すのもおすすめできません。
広々とした部屋で干した方が、早く乾きます。
リビングでも良いですが、家具などがたくさんある場合は少し片づけてください。
空間を広くすることも大事です。

窓を開けておこう

室内で干す場合は、窓を開けてください、
すると空気が通るので、洗濯物が乾きやすくなります。
ドアも開けると良いですね。
空気が、室内に溜まらないよう工夫してください。
雨が降っている時は、窓を開けられないと考えている人が見られます。
しかしそのような場合でも、数センチは開けていた方が良いです。

窓の上の方なら、開けても室内に侵入することはありません。
密閉した空間では、湿気がすぐに溜まります。
雨が降っている時は湿気が普段よりも溜まりやすいので、意識して除去しなければいけません。
開けられるところの窓は、全て開けてください。
少しでも窓を開けていれば、湿気が逃げて行くので効果的です。
天気を見ながら、窓を開けましょう。