初心者でもできるリスクを抑えた仮想通貨での投機

>

仮想通貨取引で投機する場合のリスクについて

初心者が陥りがちなリスクとは?

仮想通貨取引を行う上で、知っておきたいリスクとしてまず最初に挙げられるのが、通貨の変動幅です。
ビットコインなどは一時、数百万円台を記録するなど、まさにバブル期とも言える加熱ぶりを見せていますが、仮想通貨は価格の変動が激しいため、投機の仕方によっては大きな損失になることも珍しくありません。

また初心者の陥りやすいリスクとして、意外に多いのがセキュリティ対策を行っていないことで通貨を失ったり盗まれてしまうというリスクです。
取引所などのセキュリティ自体は年々向上していますが、やはりワンパターンなパスワード設定や認証設定を行っていないなど、基本的なセキュリティ対策を行わなければ情報漏洩やハッキングのリスクは高まります。
他にもパスワード管理ができておらず、通貨の保管場所のパスワードを忘れてしまって引き出せなくなってしまったというミスも起こりうるので、パスワードや情報管理を徹底することが基本となります。

仮想通貨を使った詐欺に注意!

仮想通貨詐欺は初心者のみならず、仮想通貨取引に慣れてきた人であっても気を付けておきたいリスクとなります。
マイナー通貨へ投機するときのリスクとも言えますが、新しくできた投機方法であることから法整備や対策が遅れており、詐欺にあってしまったという話もしばしば聞かれます。

例えば、仮想通貨を世間に広めるきっかけとなった2014年のマウントゴックス事件が典型的な例とも言えます。
当初はマウントゴックスと呼ばれる取引所がデータハッキングによって倒産したとされていましたが、後に経営社長のビットコイン横領による詐欺事件ということが発覚しました。
最近ではマイナーコインとして仮想通貨取引を行う投資家から資金を募ったり、企業で発行した通貨の将来性をアピールしながらも、実際にはその通貨を市場へ出さず、現金化できないコインの購入を勧めるなど、様々な手口が横行しているようです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ