初心者でもできるリスクを抑えた仮想通貨での投機

>

ニュースで話題のビットコインとは?

仮想通貨の価値はどのように決められるのか

私たちが普段使っているお金は、国がその価値を保証し、私たちも紙幣を発行する日銀や国に対する信頼があるからこそお金としての価値が認められています。
一方、仮想通貨の場合は、特定の国や政府機関などが価値を保証するのではなく、利用者全員で通貨取引を監視することで信頼が保証されるのです。
具体的には、ビットコイン通貨にはブロックチェーン、マイニングと言った不正利用を防止するための暗号化されたセキュリティシステムを組み込むことで、通貨としての安全性や信頼性を保証しています。

そして、その担保を信頼し、仮想通貨を利用する人々が増えていくことによって通貨の価値が上がっていく仕組みとなっています。
実際、仮想通貨がまだ知られていなかった頃のビットコインの1枚当たりの価値は日本円で1円にも満たないほどでしたが、利用者が徐々に増え、市場需要の高まりを受け、2018年現在では1枚当たり約80万円にまで上がっています。

ビットコインの流通を理解する

日本では日銀によって貨幣が発行され、国の金融政策によってそのお金の流通量がコントロールされています。
仮想通貨の種類によって発行ルールは異なりますが、ビットコインの場合、特定の管理機関や通貨の発行機関はなく、マイニングというプログラミング作業を行うことによって通貨が新しく発行されます。
このマイニングは日々世界中のあらゆるところで行われている取引を監視し、ビットコインのセキュリティを保つために行われています。

しかし、マイニングをすればするほどたくさんのコインがもらえるというわけではありません。
ビットコインには発行できる上限の枚数が2100万枚までと定められているため、新規で発行できる通貨の数には限りがあります。
これは、将来的に通貨が市場に大量に出回り、インフレーションとなったときに通貨の価値の暴落を防ぐために上限枚数が定められています。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ