どこで干せば良いのか

干す前に、日が当たるのか確認してください。 日が当たらない場所でずっと洗濯物を干していても、一向に乾きません。 しっかり当たる場所を見極めてください。 日が当たっていれば、数時間で乾きます。 服に洗濯に関するマークが書かれています。 それを見てから、場所を選びましょう。

洗濯物が乾く良い場所

洗濯物は、日の当たる場所で干してください。
日陰は湿っているので、なかなか乾きません。
外で干す場合も、室内で干す場合も同じです。
なるべく日の当る場所を探してください。
しかし洗濯物によっては、日陰干しを推奨していることがあります。
日陰干しをしなければいけない服を、日の当たる場所で乾かすと生地が傷んでしまうかもしれません。
服に書いてある、洗濯物のマークをよく確認しましょう。
それから干す場所を決めてください。

洗濯物同士の間隔を開けることで、早く乾きます。
隣との距離が近いと、湿気が溜まるので乾くまでの時間が遅くなります。
なるべく間隔を開けて干しましょう。
洗濯物が多いと、つい隣との間隔が狭くなるかもしれません。
その際は、干す場所を数か所に分けると良いですね。
片方はベランダで、片方はリビングで室内星にしても良いと思います。
きちんと間隔を開けて干していれば、室内星でも嫌な臭いが残りません。

室内を乾燥させることも重要です。
お風呂には、乾燥機が備わっているでしょう。
ですから最近はお風呂で干して、乾かしている間は浴室乾燥機を使っている人が増えています。
すばやく室内を乾燥させることで、嫌な臭いも残らずすぐに乾きます。
乾燥機や除湿器が販売されているので、ベランダやリビングで干す場合はそれらを使っても良いでしょう。
湿気をしっかり取って、乾きやすい環境を整えてください。
コンパクトな除湿器でも、十分効果を発揮できます。

空気の通り道を作ること

空気が籠っていると、湿気も溜まってしまいます。 すると湿気が、洗濯物が乾くのを邪魔するのでなかなか乾きません。 湿気を除去することが、洗濯物を早く乾かすことに繋がります。 洗濯物同士の間隔を広げたり、室内で干す場合は窓を開けたりすると良いですね。

どうすれば室内が乾燥するのか

乾燥機や除湿器を使うのが手っ取り早い方法です。 浴室はすでに、乾燥機が備わっていることが多いのでそこで洗濯物を乾かすと良いでしょう。 家電量販店に行くと、乾燥機や除湿器が販売されています。 洗濯物が乾かない時のためにどちらかを購入しておきましょう。